不用品回収費用の相場はどれくらい?

利用者と業者の事情が絡む相場

変動する買取価格

リサイクルや不用品の回収業者に依頼するものといって、まず思いつくのは家具や家電ではないでしょうか。 大型のものが家からなくなると、それだけですっきりします。 そのまま中古品として再利用されたり、バラして資源として再利用するなど、その後の道も色々です。

不用品の代表格

家の中で不要品が出たら、引き取ってもらうなどの処分を検討しますよね。
その際、要らないものを持って行ってもらうのにいくらか費用がかかります。
特に基準となるものが決まっているわけではないので、不用品処分費用の相場、といっても様々なケースがあるため一口で言えません。
依頼先や品物、依頼時期によっても変わるようです。
どうしてそこまで違うのでしょうか。
まずは不用品についてですが、家電や家具、日用品など、回収してもらう種類が多いことが原因の一つです。
それぞれメーカーやブランド、また発売時期によって需要が変わることもあります。
そのまま再利用できるのであれば、ある程度値段は固定できますが、もう使えないものであれば、分解して資源毎にリサイクルすることになります。
製造時期によって使用している材料が違ってくるため、そうした判断もあるのかもしれません。
単純に引き取るという事ではなく、その先を考えると頷けますね。
また、回収をお願いする時期も、例えば引っ越しが多い春先などは、リサイクルショップで家具家電の需要が一気に上がります。
必要になる人だけでなく、買取りの需要も増えるため、業界では忙しい時期です。
そして、売るための商品が必要になりますから、多少安くしてくれることもあるようです。
そこで、値段を決める基本的なものは何か、考えてみました。
また、不用品を処分するからと言って必ず費用がかかるわけではなく、他にも方法があることも合わせてみていきましょう。

民間と行政のどちらを選ぶか

民間業者と行政、どちらも回収処分をお願いすることができますが、値段に大きな差があります。 当然民間のほうが高いのですが、これにはお願いする際の手間や利便性も含めて考えると、比べる価値は十分にあります。 行政にお願いする一番の利点は、安心して任せられる、というところでしょうか。

処分してゲットが主流?

ものによりますが、処分の仕方次第ではお小遣いになることもあります。 フリマやオークションなどを利用する方法です。 一つ一つの品をきちんと管理できて、手間をかけられるのであれば、支払うより売るほうが良いですよね。 今はそのほうが普通かもしれません。

TOPへ戻る