利用者と業者の事情が絡む相場

変動する買取価格

家電はリサイクル法があるものも

家電を回収してもらう場合、壊れていないかどうかは大きな条件になります。
簡単に修理すればまた使えるのであれば、安くても回収してもらう事もありますが、破損がひどく、回収業者の利益にならないと判断されてしまえば、回収自体を断られることもあります。
家電の種類にもよりますし、大きさ、年式によります。
千円くらいで済む場合と、五千円以上かかる場合と、業者によってピンキリですから、必ず確認しましょう。
今は家電の種類によってリサイクル法が適用されます。
テレビや冷蔵庫など、一般家庭での必需品である家電を処分する際に「リサイクル料金」がかかります。
品目によって料金が違いますし、別途収集や運搬のための料金が必要になります。

家具や調度品

アンティーク品など、価値があって買取り先がその価値を確認できるお店なら、買取ってもらう事ができます。
また、ハイブランドだったりデザイナーズの物だったりすると、買取ってもらわないまでも、無料で引取ってくれることもあるようです。
これは中古品でもニーズが多く、高く売れる可能性が高いためです。
それ以外であれば、一定の処分費用がかかります。
タンスや食器棚など、こちらも大きさや状態によりますが、3000円以上はみておいたほうがよいようです。
不用品が多く、同時に回収してもらいたい場合は民間の業者に頼むほうが、手間なども総合するとお得になるかもしれません。
業者によっては、トラック積み放題で○○円などのパックも登場していますから、比較してみると良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る