利用者と業者の事情が絡む相場

民間と行政のどちらを選ぶか

リサイクル業者

例外はありますが、基本的にはどんな品物でも引き取ってもらえます。
依頼時には見積もりをお願いすると思いますが、実際に引き取りに来てくれた時に、お願いしていないものでも急に対応してもらえることがあるようです。
面倒な手続きは全てお願いできたり、家具や家電などの種類にかかわらずお願いすることができるという点では、利用価値があるのではないでしょうか。
料金については、必ず複数の業者に相見積もりを依頼し、その適正を確認してからの依頼になると思います。
大きさやデザイン、状態によっては3000円程かかることもあります。
ただし、回収品を適切に処理してくれるきちんとした許可を得た業者にお願いすることが大前提です。
無許可の先に依頼することは、後々のトラブルに繋がりますので、注意しましょう。

自治体の回収

自治体に回収を依頼する場合は、いわゆる「粗大ゴミ」として処分するという事になります。
管轄している地域の住民であれば誰でも利用できるわけですから、処分する際の料金も民間に比べて安いのが普通です。
自治体によりますが、安いところでは300円台、物によりますが1000円など、依頼しやすい価格設定になっていますね。
また、自宅前まで回収に来てもらえたり、すぐにでも処分したい場合は処理場に持ち込むことも可能です。
ただし民間の回収業者とは違い、回収できない品物があったり一つずつ申請が必要だったりします。
回収についても、日にちや時間が決められてしまう事がほとんどですから、不便と感じるのであれば、民間の回収業者にお願いするのも一つです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る